MENU

低用量ピルの副作用と体験談


低用量ピルの副作用に悩む方は少なくありませんが
個人差があります。

 

それぞれの副作用の特徴を知りつつ、ご自身の症状と比較してみるのが良いでしょう。

知っておきたい低用量ピルの副作用

ルナベル


ルナベルの副作用とは、主に頭痛や吐き気、乳房痛等が上げられます。また2〜3ヶ月服用し続けると体も慣れてきて不正出血を起こしやすくなります。不正出血は飲み忘れによっても起こるので注意が必要です。重い症状の副作用はほとんど発生しませんが、まれに血栓症などが生じる事もありますので注意が必要です。

ヤーズ

 ヤーズの副作用とは、主に血栓症が生じる可能性が高いと言われています。ヤーズには血液の塊が出来やすくなる成分が含まれている為です。ひどくなると心筋梗塞や脳梗塞を起こす恐れもありますので血液を流れやすくする食品を意識的に摂取する必要があります。

マーベロン

 マーベロンの副作用とは、重篤な症状として上げられるのは手足に痛みを感じるというものです。特にふくらはぎに痛みを感じる事があるのでその場合はすぐに服用を止める必要があります。また手足の痛みだけでなく、はれやむくみ、しびれも生じる場合があります。その他にも、息切れや視力の低下や目の痛み、さらには頭痛や意識が薄くなるという症状も上げられるので車の運転時にはより注意が必要です。頭痛時には乳房が張るという事もあります。それ以外では異常出血という場合があり、少量の場合は問題ありませんが、出血量が増える場合には服用を止めた方が良いです。

ファボワール

 ファボワールの副作用とは、主に吐き気や嘔吐、乳房痛が上げられ、他にも頭痛や倦怠感、腰痛に下痢や発疹などがあります。さらにむくみや黄疸、視力障害なども上げられます。また心筋梗塞や脳卒中の危険性もあるので喫煙している方はタバコを控える必要があります。

オーソM

 オーソMの副作用とは、飲みはじめに頭痛や吐き気、乳房痛等がよく見られます。また息切れやむくみ、下痢や嘔吐等の症状も起こり、血栓症などが生じる事もあります。他にもじんましんやかゆみにニキビ、血管浮腫が起こると言われ、重いものとしては意識が薄れたり、手足ふくらはぎの痛み、はれにしびれ、視力低下も上げられます。あとごくまれにですが体重増加というのもあります。

トリキュラー

 トリキュラーの副作用とは、主に頭痛や嘔吐、悪心に下腹部痛等が上げられます。強い薬なので副作用も強く出てしまいます。また女性として良い方の副作用として、胸が大きくなったり体毛が薄くなったりという効果もあります。

アンジュ

 アンジュの副作用とは、他のものに比べて少ないといえます。その理由としてはアンジュは複数のホルモン誘導体で作られてい薬の成分も少ないからです。それでもごくまれに発熱や発疹などの発祥があります。他にも乳房痛や倦怠感、下半身のむくみや痛みが上げられます。

リビアン

 リビアンの副作用とは、最初の2〜3日は吐き気、むかつき、むくみ、頭痛、乳房の張り等があります。さらに長期間使用していると、これらに加えて体重増加や不正出血、ニキビに下痢や便秘といった症状も見られます。あとごくまれにですが血栓症や脳梗塞、心筋梗塞が生じやすくなる事もあります。

ノリニール

 ノリニールの副作用とは、基本的には吐き気があげられます。その他にもむくみやむかつき、頭痛、乳房の張り等があります。さらに長期間使用すると体重増加や不正出血、ニキビや下痢に便秘といった症状も見られます。これらは低用量ピルの一般的な副作用です。あとは頻尿があげられますがそれほど症例は多くありません。

トライディオール

 トライディオールの副作用とは、主に発疹や発熱などの過敏症状を起こす可能性があります。その他にむくみに息切れ、胸痛に頭痛、しびれも上げられます。また月経異常、吐き気や嘔吐に血圧上昇、食欲不振に腹痛や下痢、便秘等も見られ、さらに口内炎やのどの渇きに咳やめまい、眠気やイライラとまだまだ上げればあります。ニキビに鼻血に性欲減退、抑うつに倦怠感、体重増加や食欲以上、さらには肝障害まで細かく上げるとこういった症状が確認されています。

ラベルフィーユ

 ラベルフィーユの副作用とは、比較的安全と言われていますが、それでも幾つかあります。まず吐き気や乳房の張りや痛み、そして不正出血などが上げられますが、いずれも症状は軽い物ですので薬に体が慣れてくれば自然に症状もおさまってくるので特に心配はありません。ただ35歳以上でタバコを一日15本以上吸われる方は、心血管に問題が生じる事があるので注意が必要です。

シンフェーズ

 シンフェーズの副作用とは、発症率が全体の5%以上の物として、子宮における破綻出血と点状出血です。全体の5%未満で起こる症状として上げられる物は、発疹に肝機能異常、無月経や月経困難症に月経過多等があります。その他にも吐き気や腹痛、下痢や便秘などがあげられます。

エリオット

 エリオットの副作用とは、主に吐き気や頭痛といった低用量ピルの一般的な副作用が上げられます。その他にもむくみやむかつき、乳房の張り、さらには体重増加に便秘や下痢、不正出血などの症状が上げられます。

 

 

 という訳で低用量ピルの副作用をずらっと上げてきましたが、これらの症状はホルモンバランスの変化によって生じるものであり、続けて服用すれば大抵のものは治まります。服用するにあたっては必ず医師と相談し、用量用法を守り、自分の体にあったピルを服用することが大切です。

 

 

あなた以外の方が、
どういった副作用に悩んでいるのかを知ることを第一歩としても良いかと思います。
>>>低用量ピルの種類はこちら

 

 

>>>日本産科婦人科学会による低用量ピル副作用の見解

 


<ゆりなさんの体験談>
元々長年生理不順であったため、結婚後に不妊治療のため、低用量ピルを服用していました。主に、生理周期のコントロール、子宮内膜の維持のため使用していましたが、頭痛、不正出血、体重増加等があり私には副作用が強くとても辛かった思い出があります。低用量ピルは副作用が少ないといわれていますが、「少ない」というだけで、全くないわけではありません。症状は人それぞれだと思いますが、服用を長期間(私の場合は2周期以上)続けるとホルモンバランスが崩れ、体調不良になることもしばしばありました。ただ、不妊治療に必要なホルモン療法だと言われれば従うのが一番だと思い、医師に処方された通り服用を続けました。無排卵月経の周期には生理を強制的に起こさせるためにも服用した経験があります。高温期の維持にも役立つと言われているので、通院中は排卵後に服用していました。不妊治療以外にも、生理周期のコントロールということで、自分自身の結婚式時や旅行の際に処方してもらい、生理期間が重ならないようコントロールしていました。頭痛やむくみ、体重増加はあったので、様子を見ながらの服用が大切だと感じました。上手に付き合うことができればとても良い治療法だと思っています。

 


<KOKOさんの体験談>
私は避妊のために低用量ピルを使用していたことがありましたが、その際に色々な副作用が起こりました。まず一つ目は、吐き気です。服用後すぐに胃がムカムカする感じがあり、吐き気を催してしまいました。また、吐き気があるのに、何故か食欲は旺盛で食べたいと言う気持ちを抑えられず、甘いものを頻繁に食べてしまっていました。
次にひどい頭痛に襲われました。こめかみがズキズキするような痛みがずっと続いていました。あまりにも頭痛がひどいので、鎮痛剤も併用して過ごしていました。
何よりもしんどかったのが、体が熱く火照ったことです。何をするでもないのに、汗をかいてしまい、友人に体を触られた時に「腕がすごい熱いよ!」と驚かれたほどです。服用中は体に熱がこもった感じが続き、倦怠感がずっとありました。しかし、低用量ピルを服用して3〜4ヶ月後には、この様なひどい症状はまったく無くなりました。低用量ピルの副作用でマイナートラブルもあれば、良かった点もありました。それはニキビが改善したことです。低用量ピルを服用する前は顔のニキビに悩まされていましたが、服用してからはニキビが出来ることもなく、肌荒れ知らずの肌になりました。現在は、結婚をし出産も経験していますが、低用量ピルを使用することで月経も定期的にやってくる様になり、妊娠しやすい身体に変わったと思います。

 


<マメさんの体験談>
生理不順が嫌でピルを使用したことがあります。
使用禁止事項に「脳の病気をしたことがある人」という欄があったように思います。私は脳の病気というより脳の血管が狭窄しているのですが担当のドクターに相談したところ一度使用しながら様子をみてみようということで服用を開始しました。
開始したその翌朝。片側がしびれて動きません。言葉はかろうじて話せる状態。隣に寝ていた旦那に「動けない」という旨を伝えました。しばらくそのままで寝たままの状態でいると少しずつ元に戻っていきました。怖くなりピルの服用を中止し、かかりつけの脳外科にいきました。すると脳外科のドクターは「ピルは絶対飲んじゃだめだよ!!」との言葉。脳の血管に何かあるだけの人でもピルの副作用はすぐにでるとのことでした。そういった病状がある人にまさかピルが処方されるとは思ってもいなかったようで脳外科のドクターも驚いた様子でした。女性にとってピルは生理痛改善にも効果があるといわれていたりやはり妊娠をコントロールできるので魅力的な薬ではあります。ですが私のように脳梗塞などの病気まではしていなくても脳の血管が狭窄しているような状態だけでもピルの副作用はかなり著しくでるようです。体が動かなかったあの朝の恐怖はかなりのものでした。そのような病状のある方は服用にかなり慎重になったほうがいいかもしれません

 


<エリさんの体験談>
私は、20代前半から生理が酷く産婦人科に行った所、生理前症候群と診断されました。漢方薬も3種類か試してみましたが効果はみられず、、、。
低用量ピルというと、すごく抵抗がありました。なかなか、使うか迷ったのですが身近な人が「生理を正常なリズムに整えてくれるんだよ」とアドバイスを受けました。意外と、低用量ピルを飲んでいる人が私の回りには多かったので、私も気軽に飲む事にしました。
低用量ピルは、何種類かあり、私は二種類試しました。

 

私の場合はヤーズとルナベルを試してみました。
副作用に、頭痛、吐き気、少量の不正出血、胸が張る、食欲が増すらしくほぼ全部私は副作用はあります。しかし、私の場合は頭痛が生理前酷かったのですが、低用量ピルを服用すると以前より頭痛は収まりました。胸が張るし、胸が小さい人は低用量ピルを服用して胸が大きくなるから嬉しく思うかもしれません。また、毎回ではないのですが少量の不正出血はあります。
最初は、ビックリしますが毎回ではないので、主治医の先生に相談しながら飲みました。私は、ピルを飲む前から吐き気が酷く、やはりピルを飲んでも吐き気はしました。低用量ピルを飲む前よりは少しは、酷くはないかと思います。また、副作用の事で調べたら、ビタミンB6が欠乏するらしく食事も気をつけています。今は、吐き気が酷いので漢方の半夏厚朴湯を薬局でか購入し、低用量ピルと一緒に副作用しています。

 


<remio78さんの体験談>
低用量ピルを使ってみて、全体的には良かった部分が多かったのですが、副作用で本当にどきどきしたのが、のどの渇きが尋常でなかったことです。
薬を初めて飲んだ日にすぐのどが渇いたので水分を取りましたが、またすぐにのどが渇いて、夜眠るときに、このまま身体が干からびてしまうのではないかと恐怖を感じるほど、のどがカラカラになってしまいました。
実際眠ることもできたし、朝まで目が覚めたりするようなことはなかったのですが、本当におかしいくらいにのどがかわいて、その欲求の通りに水を飲んだらトイレも近くなってしまうし、水分過多になるのも逆に怖いし、本当に身体が渇いてのどが渇くのか、のどが渇くように感じているだけの状態なのか混乱しました。
数日後には軽くのどが渇いている感じに収まってきましたが、やはり一か月を通して水分が欲しくて仕方ない欲求は続いて本当に心配でした。
先生に相談してみたのですが、副作用と言うことで挙げられているものなので普段と同じように水分摂取すればよいということでした。
それでも身体が水分が足りない状態になっていたのか、そう感じていただけなのかよくわからず、ちょっと怖かったです。そのため、異常なのどの渇きに耐えられず、ピルの長所と天秤に掛けましたが、泣く泣くあきらめました。また違うメーカーのものだったら副作用は違うのかなぁと思ってはいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<低用量ピルの副作用・概要>
低用量ピルの副作用で1番大きなものとして静脈血栓症が挙げられます。近年日本では子宮内膜症や、これに伴う月経困難、PMSなどの治療目的で低用量ピルの使用が盛んになってきました。それに伴い多くのことが心配されるのが低用量ピルの副作用による静脈血栓症のリスクです。大きな副作用になりますが、その数はかなり少ないと言われています。その反面、死亡例が確認されている薬でもあるため、不安が広がっているようです。低用量ピル副作用での血栓症ができやすくなる方の特徴があります。40歳以上、または高齢者であって、肥満体質であることです。また、同時服用ができない状況に、高血圧、家族の中に血栓症がいる、肝機能障害、心臓の問題、腎臓の問題などがあります。そのため、しっかりと医師に確認を取りながら慎重に服用していくことになります。低用量ピルを服用する際には、1回で終わる事はありません。長期的にコントロールしながらリスクを踏まえた上で長期的に服用していくことが必要になります。子宮内膜症なので、腹痛が辛い、PMSで家族や恋人に辛く当たってしまうことに罪悪感を感じているのであれば、低用量ピルを使う事はとても有効であると考えられています。しっかりと副作用のリスクを理解した上で、コントロールしながら服用することができればメリットを大きく受けることが可能です。低用量ピルの副作用における血栓症は決して多い問題ではありませんが、いちど発症してしまうと危険な状態になってしまうことも考えられます。喫煙、服用年齢、肥満状態等といった事をきちんと考慮に入れながら慎重に服用していくことが重要です。副作用としての血栓症が起きる兆候としては、急激な手足のむくみ、呼吸の乱れ、突然の激しい頭痛、めまい、意識障害などが挙げられます。低用量ピルは、もともと避妊を目的としたお薬になっていましたが、近年は、あらゆる女性疾患の治療に利用されています。避妊効果が得られるギリギリにまでホルモンの量を調整してあるため、毎日継続して飲む必要があります。うっかり飲み忘れてしまっているといったことがないように気をつけましょう。低用量ピルにも種類があります。それぞれの低用量ピルには違った副作用が存在しますので、服用の際には必ずメリットとデメリットを理解した上で開始するようにしましょう。また飲み始めて副作用があまりにも辛い場合には、別の低用量ピルに変更することが可能です。保険が適用できるものと適用されないものがありますので、まずは保険適用が可能である低用量ピルを利用し、それでも辛いようであればその他の低用量ピルに変更して行くのも良いでしょう。必ず飲まなくてはならないといった薬ではありません。その効果と、副作用の辛さを考え、継続するかを判断することが望ましいでしょう。低用量ピルは、メリットとデメリットのバランスをしっかりと把握しながら使うことが重要です。繰り返しますが、低用量ピルの1番危険な副作用は、血栓症です。つまりエコノミー症候群と同じものです。卵胞ホルモンには血液を固まりする作用があるため、血栓症のリスクが高まるのです。また、低用量ピルの副作用として、継続して飲んでいると太ってしまうのではないかといった心配をされる方がいらっしゃいますが、低用量ピルを飲むことによって副作用で太るということは証明されていません。昔使用されていた、中用量ピルの場合では体重増加が確認されていますが、現在使われている低用量ピルでの体重増加の事例はほとんどないとされています。精神的な回復から、食事がおいしくなり相当量のカロリーを摂取してしまったというのが結果的な原因かもしれません。

低用量ピルを飲みたくない人が選んでいます!〜【生理前症候群(PMS)専用サプリ】TOP3

低用量ピルには副作用が報告されているため、
食品であるPMSサプリメントを先に試す方が増えています。

PMSサプリメントはあくまで生理前症候群を対象としています。

チェストベリーなどの天然植物成分がメインとなりますが、
子宮内膜症などの女性疾患に対しては使えません。

生理前症候群の改善に低用量ピルを処方された女性が
代わりに選んでいるのがPMSサプリメントです。
※ランキングは去年の売り上げを元に算出しています。
女性のミカタ



>>詳細はこちらで確認できます!
めぐルナ



>>詳細はこちらで確認できます!
ルナベリー



>>詳細はこちらで確認できます!
更新履歴